Atlasの目指すものは「英語を楽しんでいただき根付かせること、そしてより実践的な英会話を習得していただき世界に通用する国際人を生み続け、全ての方にAtlasマンツーマン英会話Rの感動をお届けすること」です。この意識を共有できるビジネスパートナーからの応募を心よりお待ちしております。
大阪梅田事業所新規オープンにつき
語学カウンセラー兼内勤営業のオープニングスタッフ募集!
貴方の語学力を是非当社にてご活用下さい!
アトラスについて 採用情報 採用地域
  • 北海道札幌市
  • 東京都 横浜まで通える方
  • 神奈川県横浜市
  • 愛知県名古屋市
  • 大阪府大阪市(急募)
  • 地域外の方は一度ご相談下さい。
    Iターン・Uターンの方歓迎
  • スクール受付(一般・営業)事務・運営担当
    • 経験者優遇
    • 未経験者可

     

    スクール受付(一般/営業)事務・運営担当。22歳~40歳くらいまでの方で、男女共に募集。語学の楽しさをビジネスを通して広めていける芯の強い人材を求めてます。会社の売り上げを伸ばすために、顧客と信頼関係を築きながら自社のコースやサービスを販売する仕事です。サービス業での1年以上の接客経験や留学経験、TOEIC600点以上が必要です。詳しくはこちら
  • ウェブデザイナー

     

    Webマーケティング担当。Webデザイナーやプログラマー、テレビ・ラジオ・雑誌・ネットなどのコンテンツ制作経験のあるテキストライター(マーケッター)やYoutubeやUstreamの自社動画サイトMC(司会者)なども募集しております。英会話・語学教育・スクール業界に限らず、ユニークで有能な人材を必要としています。
    詳しくはこちら
  • 企画部

     

    新規事業部立ち上げに伴い、新部署の募集をします。企画や広報、総務・人事・経理そして法人事業部など、活躍先は多岐に渡ります。英会話・語学教育・スクール業界に限らず、ユニークで有能な人材を必要としています。
    詳しくはこちら
  • エリアスクールマネージャー
    • 幹部候補
    • 経験者優遇

     

    地域マネジメント担当(NM)。複数の教室を売り上げアップのためにマネジメントする職種を「教室管理者」と呼ぶことも。本部から提供される情報や指示が売り上げアップに結びつくように、より効果的に伝えて指導していくことが仕事。外国人講師と日本人受付・運営スタッフの面接や研修を行います。将来的には、経営陣側の幹部候補生として、中核を担う役割です。詳しくはこちら
  • 語学講師
    • 経験者優遇
    • 積極採用

     

    英語講師。ネイティブスピーカーでは真似できない日本人特有のきめ細やかさを持ち、英文法やTOEIC・TOEFL・IELTSなどの資格試験、初心者や子どもに教えられる人材を求めています。TOEIC730点以上が必要です。好きな時間に合わせます。>詳しくはこちら
  • ナショナル統括マネージャー
    • 幹部候補
    • 経験者優遇

     

    全国マネジメント担当(NGM)。全国のスクール運営からマーケティングとマネジメント管理業務が仕事。 各支店で市場調査を行い、その分析結果を基に商品やサービスを開発する仕事。売れ行きを左右する販売戦略も計画する。消費者のニーズや社会のトレンドを調査するだけでなく、新しい技術や経済動向など、幅広い視点を基に売れる商品を作らなければならない。将来的には、役員として、また取締役候補生として中核を担う役割です。詳しくはこちら
  • 挑戦者はみんな未経験者。最初は誰もが未経験者。

    誰だって最初は初心者で、例えば語学カウンセラーに挑戦する人はほとんど未経験者です。何もわからなくて当然であり、むしろやってみなければわかりません。 誰でも何かに挑戦するときは緊張し、はじめてのことに不安を持つものです。現在のスタッフたちの多くは最初、生徒に話しかける時ですら緊張していました。彼ら・彼女らもはじめて海外旅行や留学に行った時は、右も左もわからず、それこそ右往左往していたはずです。

    長い人生の中で、人はたくさんのはじめてに出会います。今日は人生ではじめて山を登るかもしれませんし、明日はじめて台風の目を目撃するかもしれません。どこにでもはじめての経験は転がっていて、はじめてを経験するとき、誰もが初心者だということです。

    はじめてのことに挑戦するとき、その人は未経験者です。やったことがないからこそ挑戦と言うのは考えてみれば当たり前のことです。ここで言う挑戦とは、新しい記録などに立ち向かうという意味です。

    「新しいことをはじめよう」「やってみよう」と思う時、人はみんな未経験者で初心者です。挑戦する人がみんな未経験者だと思えば、私自身が20年ほど前に日本で語学スクール立ち上げに経験のない初心者であったことは当然であって、やったことがないからできないなんてなかったわけです。やったことがないからやったわけです。

    毎日のように出会うはじめてに対して、わたしたちはみんな初心者です。何にもわからないし、判断する経験も知識もありません。初心者なんだから当たり前です。しかし、だからこそ初心者と言える期間だけは社会的に無敵になります。なぜなら、いくら失敗しても初心者なのだから当然で、見当違いなことしても未経験者なのだから仕方がないわけです。そうやって失敗を受け入れやすく、人にも聞きやすいのが無敵だという理由です。

    周りを見ていると、とにかく入念な下調べや隙のない準備などと勧める人が多いですが、せっかく初心者という盾があるのだから、使えば良いわけです。最初から完璧を求めてもできるわけがありません。初心者で未経験者だから許される失敗は、初心者で未経験者であるうちにやるべきです。

    経験は蓄積されていきます。しかし、先入観なし経験なしのはじめてはたったの1回だけです。初心者期間もあっという間に過ぎていってしまいます。最初から逃げ腰では得るものも得られません。なぜなら、スポンジみたく柔らかい頭にしないと、いざ知識や経験、考え方ややり方を吸収しようとした時にまるで役に立たないからです。

    やったことないからできないのではありません。むしろやったことがないから挑戦できるという考えを持つべきです。挑戦するのであれば、誰もが初心者で未経験なので、そこに失敗やリスクを考えてても仕方がありません。

    なぜなら、失敗する前提で挑戦するのだから、そもそもリスクがあって当然です。初心者なのに完璧を求め、未経験者なのにリスク管理などできるわけがありません。好きなことを仕事にすると決めるのなら特にそう思います。まずは挑戦者になることです。どうせ未経験です。

    初心者のくせに無難にうまくやろう、などというのは素人初心者です。プロ初心者は、はじめての経験を大切にして、行動して、吸収します。未経験者が挑戦するのだから、見通し不透明で当たり前です。そこで躊躇していては挑戦者になるさえできないのです。