企業理念 会社沿革

 

アトラス株式会社 沿革 2002年~現在まで

 

Atlasマンツーマン英会話が誕生したきっかけ

今まで当たり前だったグループレッスンを主体にする英会話スクールに限界が見えてきた

IT革命の恩恵を、先進国5億人から新興国50億人が享受し始めた今、「大成長時代」はグローバル規模で始まっている

日本の語学教育業界やIT業界は待ったなしの瀬戸際にある。アジア新興国への進出は、日本が生き残る唯一の選択肢である

グローバルに変化する市場の一歩先を行くため、Atlasは新たに「情報リテラシー教育」のためのシンクタンクを設立

 

1995年4月

2000年5月

ピーター・ヨネナガが、カリフォルニア大学バークレー校在学中に、米国法人「Atlas Corporation.」を創業。帰国後、日本法人「アトラス株式会社」を設立。

2002年1月

日本初の「フラッシュ型オンラインスクール」eAtlasを開校。

日本初の会員制語学スクール「Atlasマンツーマン英会話」を札幌市内に開校。

2004年9月 関東エリア初の横浜LSを開校。
2004年9月 英語以外の韓国語、中国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語、イタリア語、ポルトガル語コースのサービス提供を開始。
2004年9月 東北エリア初の仙台駅前LSを開校。
2004年9月 企業、官公庁向けの法人コースのサービスを開始。
2004年9月 子供マンツーマン英会話コースAtlas KIDSのサービスを開始。
2005年12月 中部エリア初の名古屋駅前LSを開校。
2009年6月 北海道エリア2校目となる札幌駅前LSを開校。
2011年12月 関西エリア初の大阪梅田LSを開校。
2012年1月

日本初の語学系サロン、全国のLS内に「韓流(韓国語)コーナー」と「華流(中国語)コーナー」、さらに各言語をテーマにしたコーナーとサイトを開設。

2015年1月

ヨーロッパ言語圏をテーマにしたインテリアデザインを採用。国際政治経済(グローバル・マクロ)を研究するための独立系シンクタンク「情報リテラシー教育スクール」を設立。