大阪梅田事業所新規オープンにつき
語学カウンセラー兼内勤営業のオープニングスタッフ募集!
貴方の語学力を是非当社にてご活用下さい!
アトラスについて 採用情報 採用地域
  • 北海道札幌市
  • 東京都 横浜まで通える方
  • 神奈川県横浜市
  • 愛知県名古屋市
  • 大阪府大阪市(急募)
  • 地域外の方は一度ご相談下さい。
    Iターン・Uターンの方歓迎
日本に住む若い友人たちに伝えたいこと

2018/12/1 

会社に入社して数年、ましてや数ヵ月勤務したところで何も得るものはありません。

今、不思議なことに企業に対して「ブラック」であるとか批判する若者が増えています。これについて若い人たちは、「退職者数」で判断していると思われます。ところが、その中には「自己都合退職」も含まれているのが現実です。

そもそも、よく若い人が言い放つ「ここは自分の居場所ではない」、という「自分」とは一体何なのでしょうか?

業務内容の特性というものがあります。「その仕事に向いているか、それとも向いていないか」、というものです。つまり、その人の生まれ持った性質とされているわけです。ところが、これではいつまでたっても大人にはなれません。

本物の大人というのは、特性だけではなく、様々な思考や経験から行動しています。ところが、若い人たちというのはまだ発展途上です。それなのに、「ここは自分の居場所ではない」などと判断できるわけがありません。

結局、最低でも10年は同じ場所で勤務しなければ後々後悔することになります。なぜなら、それが様々な思考によって行動できないからです。

実際、直感ばかりが評価されるこの世でも事実は変わることはありません。生まれ持った性質だけでは何もできないというのが現実となっています。

そのような状況の中、社会の中で揉まれていくからこそ、本当のことがわかってくるということです。それによってはじめて正しく行動することができるようになります。これ以上、マスメディアによるキャッチフレーズに惑わされるべきではないことはわかっているはずです。