176.会社が人材を採用する時のひとつの基準が「人相」

中途採用でベンチャー企業に転職する際に気をつけるべき3つのこと~面接編~
2021年2月26日 KaikeiZineのリンク画像です。

(出典:2021年2月26日 KaikeiZine)

約1年続いたコロナ禍によって、知能が低い「人間」はこれからごまかしが利かなくなります。なぜかと言えば、その低さによって誰もががっかりすることになるからです。

今後、大卒者であるだけで社会的立場が高いことはなくなり、むしろ何も進歩してないのに態度だけは年々増長するような「人間」に対して、その無神経さに我慢できなくなる「人」が続出するようになると思われます。

実際に、日本のサラリーマンの多くが何年も進歩がなく、会社を存続させることに全く興味がなく、自分の利益ばかりを考えているようなインテリジェンスを全く感じない顔をしているのが現状です。

社長が会社を立て直そうとしているのに、全く別の世界で生きている「人間」が社内にいる限り、これから復旧・復興することはできないわけです。つまり、「チームで一丸となれない」と、私の目にはそのように映っています。

チーム(会社)に貢献するということは、社会に対する自己犠牲の結果です。仕事の後は、自分の欠点や努力目標を確認する必要があり、それを何年も続ければそのままでいられるわけがありません。そのような状況の中、嫌な顔をひとつみせずにコロナ禍を乗り切ろうとしている「人」もいます。

彼ら・彼女たちは、「社会や会社を立て直す」という意味を知っています。私たちは、創業22年分の人物データを保管しています。人材派遣会社よりもはるかに多くのデータベースを持っており、これから活躍する人としない人物を見分けることができます。

英会話スクールの受付は若い女性が多いですが、高みを目指し、会社を盛り立て、結束してチームを強くする気持ちが必要です。自分のことにしか興味のない「人間」を、コロナ後の社会は必要とはしていません。

人相学で危ない人がわかる?人相や顔相でチェック
All Aboutのリンク画像です。

(出典:All About)

さて、人の顔にはそれぞれ「人相」があります。年齢関係なく「福相」もありますが、信じられないほどの「悪相」もあります。例えば、犯罪者の場合、目と目が寄っている傾向が高いです。その他、目が極端に小さかったり、垂れ目や細い鼻、若白髪なども問題があります。

口をいつも開けているのも、いつも歯茎を見せているのも悪相です。女性の場合、肌が白いだけでは何の意味もなく、特に顔のほくろは場所によっては悪相です。男性の場合、頭が大きくて首が短い人は悪相の可能性が高いと思います。

現代では、プロスポーツで生計を立てる人が増えました。江戸時代であれば、浪人の用心棒など下級武士になるしかなかったと思います。東京オリンピックの開催中止が現実を帯びてきましたが、スポーツに価値が求める時代はいつまで続くかわかりません。

頭の大きな悪相の人は、一昔前はプロ野球や相撲、現在は柔道やレスリングが向いています。総合格闘技は、悪相の人がカネ儲けできる特殊な職業です。悪相でも本人の努力次第で克服できるわけで、作りの範囲内では福相に変わることができると思います。

初対面では悪相に見えますが、明るさと真面目さで悪相を克服できる可能性は十分あります。ほとんどの人間は悪相をどこかに持っていますが、悪相のままに成功するには悪魔の力に頼るのが手っ取り早いわけです。

結局、運の悪さを努力して減らし、自力で運を良くするには時間がいくらあっても足りません。そのためには、自分の悪相を理解し、少しずつ改善していくしかないように思います。要するに、霊性を上げていくしかないということです。

人相学で危ない人がわかる?人相や顔相でチェック
Google画像検索のリンク画像です。

(出典:Google画像検索「人相が悪い」)

政治家や企業のトップに悪相を持つ人間が多い理由は、ブラックな世界ほどカネや権力と結びつく傾向が高いからです。カネの集まるところには、必ず悪相の人物たちが集まっています。夜の繁華街にも、ほうれい線の深い悪相の女性が集まっているのがわかります。

また、八重歯が大きすぎるのは育ちに関係しているからですが、幼い頃からお菓子やスナックなど柔らかいものばかりを食べさせられてきたことがわかります。人は、純粋で剛健な精神を持たないとすぐに堕落する生き物です。

今の日本人に足りないのは剛健な精神で、それを追求していくと悪相も少しずつ良い相に変わっていきます。年齢関係なく、精神がねじ曲がっている人間は誰かにまとわりついていきます。そのような気持ちの悪い人間には、絶対に近寄らないことです。

これはとても大切なことで、気持ち悪さは悪相に対して直感が働いているということです。面接をする際は、悪相の人間を採用しないことです。さらに、悪相の経営者は必ず会社を廃業・倒産させていきます。

175.生き残るためのヒントを与えても、活用する人は日本では少ない

INDEX