大阪梅田事業所新規オープンにつき
語学カウンセラー兼内勤営業のオープニングスタッフ募集!
貴方の語学力を是非当社にてご活用下さい!
アトラスについて 採用情報 採用地域
  • 北海道札幌市
  • 東京都 横浜まで通える方
  • 神奈川県横浜市
  • 愛知県名古屋市
  • 大阪府大阪市(急募)
  • 地域外の方は一度ご相談下さい。
    Iターン・Uターンの方歓迎
日本に住む若者(若い友人たち)に伝えたいこと。これから数年で起きること、日本がすべきこと!

 

 30. 最低な会社の辞め方とは、引き継ぎが十分なく後任への配慮もないこと

最近、日本では残念ながらもったいない会社の辞め方をする人間も後を絶たないようです。それは、「法律的にはいつ辞めても自由」という法律を盾にして十分な引き継ぎ期間を設けず、まるでアルバイトを辞めるかのように仕事を放り出して会社を辞める人間のことです。

しかし、様々なデータによると残された経営者や同僚へ何の挨拶もせず会社を去る人は、転職や起業しても絶対にうまくいかないということが分かっています。最低な会社の辞め方とはどのようなものかといえば、つまり、退職届を出さないで急にいなくなる人間は論外ですが、退職願を出してから退職するまでの期間が極端に短いというものです。

もちろん、労働基準法的には「労働者が自分の意思で辞めたいと思った時は、自由に退職する事が出来る」と記載されています。理由についても自由で一身上の都合で問題がないようです。会社が退職を認めないとしても、法律的には一方的に退職することも可能になっています。

現在のところ、「法律的にはいつ辞めても自由」といっても、すぐさま会社を辞めようとする人に対し、会社の経営者や人事部はそれ以上何も言えなくなることが普通です。本当は辞めてほしくない貴重な人材だったとしても経営者や人事部はそれ以上引き留めることが難しいのが現実です。

法律を盾にしてどう正当化しようと、後任がいないまま強引に無責任に出ていく選択をしてしまえば、残された同僚には無責任で迷惑な人間として記憶され続けることになります。どう考えたとしても、数多くの関係者に迷惑をかける最低な会社の辞め方としか思えません。

具体的には、転職先との折り合いなど様々な事情があってその日に決まったケースもありますが、転職先の顔色はうかがえても今の仕事や関係している同僚や顧客のことは考慮できないのかと思うと非常に残念です。

むしろ転職先の会社の方から「きちんと前の会社で引き継ぎをして、関係を悪くしないで来てください。」と言ってもらえるぐらいの会社を選ぶべきです。徹底的にやってから辞めるのと中途半端に仕事を投げ出して辞めるのとでは、信用度がまったく違ってきます。

徹底的にその仕事をやりきって同じ職場の同僚を大切にすると、新しい挑戦をする場合、最大のサポーターになってくれることがあります。そのために、引き継ぎ期間を十分に設けて、残された仲間へ感謝をすることが必要となってくるわけです。

これまでお話してきたことは、決して大げさな事を言っているのではなく、実際にこういう最低な辞め方をしてきた人間を私はこの18年間でたくさん見てきました。後任を見つけ、100%引き継ぎをするために退職届から時間をかけた人も中にはいましたが、彼・彼女らは当時の同僚との付き合いは続いているようです。

世間というのは意外と狭く、同じ業界内ならなおさらです。会社を辞める自由を主張する人が多いですが、わざわざ評判を落としてしまうような振る舞いをすること自体もったいないことだと思います。

なぜなら、残された経営者や同僚への感謝もなく、最低な辞め方をしてお世話になった方々への恩義などを顧みないで会社を辞めた人間が、新天地や転職先で成功したとの風聞はこの18年間に一切流れてきたことがないからです。

29. Atlasマンツーマン英会話の社員として「行うべきこと」を確認

INDEX

31.ビジネスには「カネを出す人」「アイデアを出す人」「形にする人」が必要