大阪梅田事業所新規オープンにつき
語学カウンセラー兼内勤営業のオープニングスタッフ募集!
貴方の語学力を是非当社にてご活用下さい!
アトラスについて 採用情報 採用地域
  • 北海道札幌市
  • 東京都 横浜まで通える方
  • 神奈川県横浜市
  • 愛知県名古屋市
  • 大阪府大阪市(急募)
  • 地域外の方は一度ご相談下さい。
    Iターン・Uターンの方歓迎
日本に住む若者(若い友人たち)に伝えたいこと。これから数年で起きること、日本がすべきこと!

 

 15.入学式・入社式の季節にいつも思うこと

4月といえば日本では入学・入社シーズンです。下記のような光景はテレビや新聞などで毎年当たり前に見られますが、私はこのような大企業の入社式を見ていつも思うことがあります。

日本の入社式の一枚

以下は、戦時中の日本軍の「天皇陛下万歳!」の画像。そして下は北朝鮮軍の「金正恩将軍マンセー!」の画像です。これは、単なる軍隊の入隊式です。日本は北朝鮮と違って建前上、民主主義国家なはずですが、一体両国の何が違うのでしょうか?

戦時中の日本軍の画像

現在の北朝鮮軍の画像

日本では、毎年4月は家族や親戚が「入学おめでとう。入社おめでとう。」と新入生や新入社員になった親類を祝福する習慣がありますが、一体何がお目出度いのかが私には全く理解できないのです。特に大企業では、年々賃金が下がる一方、企業の内部留保は年々上がり続けているのもかかわらずです。

大企業の内部留保と実質賃金のグラフ画像

このようなニュースやデータを長く眺めていると、新入社員というのは、「やっと一人前の奴隷になったね。これから○○はめでたく奴隷仲間だ」と、奴隷同士の挨拶に思えてくるのです。なぜなら、これからめでたくあなたの働いた労働力は大企業と政府に吸い取られることになり、その裏には欧米の国際金融資本が支配しているからです。

そういう私も企業を経営している身であるため、あまり強く言えないところもありますが、いよいよ4月から安価な労働力として市場に出荷されてしまう新入社員の皆さんは、小中高、そして大学とおかしな学校教育を受けて育ったことを認識できているでしょうか?

単に暗記をやっていれば将来良い生活が約束されているのであれば、確かにおかしなカルト宗教のようにも思えてきます。「毎日暗記(勉強)しないと将来ひどい目に合うよ」と、今まで皆さんにしきりにアドバイスしてきた親や友だち、そして教師たちはその学校教育カルト宗教の信者だったのではないでしょうか。

その宗教をまともに信じてしまった皆さんは見事にレールにハマってしまい、4月から奴隷の仲間入りを果たしました。そういう意味では、「おめでとうございます」と言わなければなりません。この4月から毎日のようにこれ以上消費できないほどの大量の不要品を作って残業の毎日をすることになります。

これらはすべて越境する投資主体と呼ばれる欧米の国際金融資本のために心身をすり減らす毎日が待っています。いわば社会全体がカルト宗教に入信してるようなものです。下記の画像のように、学校カルトで育つと女子大生までにはかなり奴隷根性が叩きこまれることが分かります。

一方、新入生にも同じことが言えそうです。一見楽しんでる日本の女子大生たちですが、「ファッションにグルメ、そして恋愛にアルバイトと毎日楽しむぞ」、とばかりに北朝鮮となんら変わらないにもかかわらず、自分達がかなりおかしな存在であること自体、理解できていないようです。これを社会学では「量産型女子大生」と呼んでいます。

量産型女子の集合写真

さて、毎日のようにテレビや新聞、さらにネットニュースまで電通による情報を見ていると、どこかで事故があったり、殺人事件が起こったりと、皆さんを不安にさせるニュースが意図して流されていることに気づくはずです。

恐怖を感じることで組織から追い出されないようにすることで、多くの日本人は必死に周囲に合わせて生きています。周囲から変に思われないように、奴隷仲間と同じ行動をするように、そしてなるべく枠からはみ出ないようにして生きているのです。

さて、もしあなたが今後の生活に強烈な違和感を感じてしまうのなら、なぜ、周囲に合わせる必要があるのでしょうか?なぜ、このような不必要なルールに従っているのでしょうか?なぜ、そんなのに人の目を気にする必要があるのでしょうか?

上手に生きられなかったり、会社で完全に浮いてしまうのなら、それは完全にあなたはまともな人だという証拠に他なりません。そんな自分を誇りに思うべきです。なぜなら、あなたは恐怖ベースで成り立つ現代社会の仕組みに合わないからです。

その違和感を大事にしながらこのおかしな社会で働く姿勢を取るべきです。「私はあなたとは違う、こんな世界に合わせて生きない」と、心の中で唱えてみましょう。騙されてはいけません。のみこまれてはいけないのです。今回は、入学式・入社式の季節にお伝えしたく記述しました。

14.仕事術の本は、仕事を必死にやる人だけがモノにできる

INDEX

16.40歳を過ぎても私たちAtlasが欲しがる人材の共通点