大阪梅田事業所新規オープンにつき
語学カウンセラー兼内勤営業のオープニングスタッフ募集!
貴方の語学力を是非当社にてご活用下さい!
アトラスについて 採用情報 採用地域
  • 北海道札幌市
  • 東京都 横浜まで通える方
  • 神奈川県横浜市
  • 愛知県名古屋市
  • 大阪府大阪市(急募)
  • 地域外の方は一度ご相談下さい。
    Iターン・Uターンの方歓迎
日本に住む若者(若い友人たち)に伝えたいこと。これから数年で起きること、日本がすべきこと!

 

 12.日本語の「仕事」と英語の「Work」と「Job」の大きな違い②

Atlasマンツーマン英会話は、本日も元気に開校しています。しかしそんな中、一言だけ言いたいことがあります。それは、日本では「仕事」と聞いて勘違いしている方があまりにも多いということです。

「仕事」と切り離されたところに「私生活」があり、日本人の場合、特に私生活が重点と考えられているところがあり、仕事は適当に「便宜的に」済ますべきものという考え方が蔓延しすぎています。しかし、こうした考え方は決定的に間違っています。なぜなら、仕事には二種類あるからです。繰り返しになりますが、英語で言うとWorkとJobです。

自分の役割をしっかりと自覚して行うのがworkです。かけがえのない存在である自分だけが出来ることを社会を通じて、世間にたとえ少しであっても付加価値を提供して行くのがworkなのです。

これに対して、結局は誰でもできることを事務的に行うのがjobです。簡単に言えば、嫌々やるのがjobなのです。なぜなら、誰でもできる作業だからです。しかし、今やjobはAI(人工知能)によって完全に置き換えられつつあります。

Atlasマンツーマン英会話に勤務する語学カウンセラーさえも半分は完全にjobとして仕事をとらえているようです。

なぜなら、会員様や外国人講師、さらに同僚の中にも時々気難しい方々がおり、そのご意向をうかがってから仕事にとりかかるという日常だと思い込んでいるからです。

何を言ってもどのみち聞き入れられるはずもないという絶望的な状況と勘違いを起こす日々を送る中、忙しい会員様と外国人講師に声をかけては要件だけを聞き出す、という日々を送っています。そこには創造性も付加価値もなければ、完全なるマシーンと同じです。

しかし不思議なもので、人というのはそういう状況には決して耐えられないようにつくられています。早々にマニュアル仕事を終えると、友人や家族との夕食時に、溜まりに溜まった不満を吐き出す、さらにはTwitterにも書いてしまうということを毎日のように繰り返すわけです。

そしてそこでの一言が漏れていつか誰かの耳に入り、当然、それを聞いたり読んだりした人は激怒するわけですが、当人からすればその同僚が落ち込む姿を見てほくそ笑む、といった態度を繰り返しています。

すると不思議なもので、ある時気づくことになります。「私、何やってるんだろう・・・。」と。

その瞬間、決意すべきことがようやく気づくことになります。「これからは自分が自分であるため、成し遂げるべきことだけに専念することにしよう。そして、世間に尽くすことにしよう。それが仮に意味があることなら必ず生業となって、生き残ることができるはず。そうでなければそれまでのこと。」と。

この話は、少し立場が違いますが、私がjobの世界を捨て去り、workの世界へと勇気をもって歩み出した瞬間でした。これは1995年にアメリカで起業した時のことです。それ以来ずっとこのworkとjobの違いについて考えてきました。

私は、これからworkとして仕事をしている方々とだけ付き合っていきたいと考えています。Jobとしてこなしている方々を周囲に置くことは絶対にしないと決めたのです。そして今、私自身のこの世における役割が明らかに大きく変わり始めている真っ只中にあるだけに、改めてそう強く想うのです。

今後は、Workの担い手である皆さんとだけその喜びを分かち合っていきたいと思います。不平不満だけを繰り返し、指示待ちで何も考えず、ただひたすら愚痴をこぼしている非生産的なjobしか知らない可哀そうな皆さんとは、金輪際訣別したいということです。

最後に皆さんにお聞きします。あなたがしているのは、Workですか?それともjobですか?

11.日本語の「諸語と」と英語の「Work」と「Job」の大きな違い

INDEX

13.社長が書いたコラム検定を全社員向けに導入