大阪梅田事業所新規オープンにつき
語学カウンセラー兼内勤営業のオープニングスタッフ募集!
貴方の語学力を是非当社にてご活用下さい!
アトラスについて 採用情報 採用地域
  • 北海道札幌市
  • 東京都 横浜まで通える方
  • 神奈川県横浜市
  • 愛知県名古屋市
  • 大阪府大阪市(急募)
  • 地域外の方は一度ご相談下さい。
    Iターン・Uターンの方歓迎
日本に住む若者(若い友人たち)に伝えたいこと。これから数年で起きること、日本がすべきこと!

 

 08.『ゼロから作るDeep Learning』 Pythonでディープラーニング(人工知能)の世界を理解

Webマーケティング事業部スタッフの体験談

まだすべて終わっていませんが、下記にある本は全体的にわかりやすく書かれており、私のような者でも今のところ投げ出さず取り組めています。勉強しようと思ったところで、この本が出版された事自体が素晴らしいことです。

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装
作者: 斎藤康毅
出版社/メーカー: オライリージャパン
発売日: 2016/09/24

ここで、3つほど要点をまとめてお伝えします。まず、どのようにプログラミングを導入していくか途方に暮れていました。何からでもやればいいのかもしれないのですが、まったく興味のないものを作ったり、ましてやネット上学習サイトとか到底面白いと思えませんでした。とは言え、「実際に作りつつ勉強しよう!」というレベルにも到達していなかったので、完全にやる気を削がれていました。

その点、この『ゼロから作るDeep Learning』であれば、最初に必要なPythonの知識を簡単に紹介してくれます。そして、平易にコードを書いてくれてあるので、興味関心を保ちつつ、プログラミングの勉強ができ、一石二鳥な感じで楽しんで勉強できているように思います。

ちなみにソースコードはネット上にありますが、実際に自分で書いてみることで理解が進んでいくのがわかります。「機械学習勉強したいなあ」っていう目的が明確なのに、プログラミングをちんたらやるのは正直詰まらないので、専門的な内容を扱いつつ、プログラミングの説明もしてくれているこの本は本当にありがたいことです。

まず他のDeep Learningフレームワークを触ってからのほうが理解はいいのかもしれません。そんな感じで、プログラミングとDeep Learningと両方勉強できるいい本なのですが、時々、Deep Learningに対してまったく知識がないと、問題意識が薄くなります。なんというか、学生時代に勉強しているような感覚があり、社会人になってから勉強すると問題意識がしっかりしているので、スッと頭に入るようです。

だから一旦、Deep Learning のフレームワーク(例えば、TensorFlowとかChainerとか)を触ってみて、問題意識を醸成してからのほうが、内容はしっくりくるのでしょう。一旦全部取り組み終わったら、実際にデータを扱ってみて、再度読み込みたいと思っています。

数学知識を持つプログラマーを募集

「機械学習には数学が必須」のようなことをたびたび聞きますが、この本で出てくる数学知識ってせいぜいexponentialとか偏微分くらいなもので、検索すればすぐに判明するようなことなので、特に事前に数学の知識が必須という印象はありません。行列の掛け算とかもきちんと本の中で説明されてあります。ただ、数学知識があったほうが、ちょっと気持ち的には楽です。

アマゾンレビューとかをみると、詳しい人たちが沢山レビュー書いてあるのですが、見えている景色が違います。私もそのうち違う景色が見えるようになるのでしょうか。とはいえ、ちょっとずつですが知識は増えています。

毎日新しい発見がありますので「Pythonは、全然素人なんですが…」っていうプログラマーにも新しい世界を見つけにいくことができそうです。その入り口として、『ゼロから作るDeep Learning』、とってもいい本です。引き続き、読み進めていきます。

その昔、Atlasマンツーマン英会話の前身であるpeters英会話では、無料の講師紹介プログラムのサイトを制作し、運営していた時期がありました。15年来の会員様は覚えていることでしょう。しかし、完全低予算のそのサイトは、海外のフリーのプログラムを改造して制作したことで、最後には起動しなくなってしまったのです。

というわけで、Atlasでは現在、そのサイトをもっと効果的なものとして復活させる予定です。使うのは高度に暗号化された仮想通貨のアトラスコインです。ビットコインのようなものではなく、ハッキングができないブロックチェーン方式を採用します。

ちなみにプログラムを知ってる人なら驚くのですが、アトラスコインはX11というハッシュアルゴリズムを使っています。そんな方式を使ってる仮想通貨はそれほどないようです。

しかし、仮想通貨は発行してもそれだけでは意味がありません。その通貨が多くの人に使われ流通しなければ発行してもまったく意味がないのです。そこでAtlasのWebマーケティング事業部では、流通させるマーケティングを考え、極秘裏にアトラスコインの流通サイトを開発しています。

それは、マップ上にコインを掲載していく仕組みです。実はこのような仕組みは海外で流行りつつあります。この仕組みは、アトラスコインのみならず、他の通貨にも応用できるということで現在開発中です。

さて、そんな中、皆様にお願いがあります。先日仮想通貨アトラスコインの説明をしましたが、完成させるためにはプログラマーやWebデザイナーが必要です。元々はこのソフトはビットコインの公開されたソースコードを元に作ったのでメニューが全部英語です。

これでは日本では広まりません。以下のように日本語化し、日々のアップデートも必要になります。現在スマホ用のアプリも開発していますが、時間がかかり過ぎるのです。というわけで、仮想通貨システムのためのプログラマーとWebデザイナー、さらに人工知能(ディープ・ラーニング)のプログラマーを大募集します。

ちなみに雇用条件は、勤務場所は札幌、横浜、名古屋、大阪、そして正社員のみの募集です。現在、作成中の仮想通貨流通サイトやお財布サイト、そして人工知能Python(パイソン)言語を使いこなせるプログラマーの方、1%が全てが99%牛耳る世の中を大転換するために、面白サイト、面白アプリで世の中を変えてみたくはないですか?

07.「仕事がない」と嘆く若者と会社の人手不足が同時に起きるワケを考える

INDEX

09.新卒でも中途採用でも新入社員が持ちやすい勘違い