大阪梅田事業所新規オープンにつき
語学カウンセラー兼内勤営業のオープニングスタッフ募集!
貴方の語学力を是非当社にてご活用下さい!
アトラスについて 採用情報 採用地域
  • 北海道札幌市
  • 東京都 横浜まで通える方
  • 神奈川県横浜市
  • 愛知県名古屋市
  • 大阪府大阪市(急募)
  • 地域外の方は一度ご相談下さい。
    Iターン・Uターンの方歓迎
日本に住む若者(若い友人たち)に伝えたいこと。これから数年で起きること、日本がすべきこと!

 

 05.今後、人工知能に打ち勝つことのできるのは高度な知識と知恵だけ

今、世界で、そして私たちが住む日本で起きていることは、2011年3月11日の東日本大震災を境にすべてのことが変化していることです。

例えば、知識人とは知性がある人のことではもはやなくなってしまいました。それは、大学で教育を受けても、教養や見識は一般的な水準よりだいぶ劣っている人々のことと言い換えても良いくらいです。

「一般的な水準よりだいぶ劣っている」とは、試験の成績は良いですが、答案用紙の設問が何のために、どんな目的で設定されているのか、まったく考えない人々のことを意味します。だから、あなたが他人から知識人と言われたら、嘆かなければなりません。知識人の希少価値など、もはや一つもないからです。

それでも、大震災の前までは権威が知識の階層化をかろうじて支え、知識による秩序が保たれていました。しかし大震災によって、多くの政治家、エリート官僚、大企業の経営者・幹部たちはあれから6年も経っているにも関わらず、正しい専門知識を身に着けようともしないために自分たちの立ち位置を失うまい、と必死にならざるを得なくなっています。

いわゆる専門の上に胡坐をかいていた権威の構造の崩壊とともに、「知識人」と「一般人」との境界が取り払われ、逆に、一般人の常識と日常感覚によって、彼らの専門知識がジャッジされるケースさえ出てきています。

さて、Windows95が発売された約20年前、中年のホワイトカラーが、コンピューターを使いこなせなくて将来を悲観するあまり次々と自殺していったニュースを覚えていますでしょうか。要するに、コンピューターのスキルの違いが生み出す格差のことです。当然、柔軟な思考を持つ若者の方がスキルが高いのは誰にでもわかることです。

前頭葉の後退が始まった当時の中高年にとっては、もっとも辛い時代だったのかも知れません。彼らは、自分の中高生の息子にコンピューターを使う調べ物を頼んでいました。しかし、だいぶ経ってからコンピューターとは、ただのデータのつまった物体に過ぎないことが分かり、中高年もまたインターネットライフを謳歌するようになりました。

そのプログラムさえデータもクラウドに預けておけばいいので、そもそもマイ・コンピューター(パソコン)を持つ必要さえなくなる可能性があります。それは、どこにでもあるからです。確かにコンピューターへの理解による格差は、当時の若者たちに多くのニュービジネスを提供しました。しかし、その多くは特別なスキルを必要としていません。

それゆえ、街のお店が新規開店し、閉鎖されていくようにスクラップ・アンド・ビルドを繰り返しています。唯一、それは、資本によってのみしか制御することができなくなりました。残念ながら大手IT企業は、そうした考え方を改めない限り、常に借金経営から脱出することができません。日本の大企業は、毎日のように資金繰りの綱渡りをやっています。

人々のコンピューターへの理解は、情報格差市場を生み出し、そのギャップを埋めるための多くのサービスが次々と出てきました。しかし、そのギャップは、年々浅くなりつつあり、最終的にはコンピューターの高度なスキルを持つことが競争社会における優位性にならない時代が近づいています。

日進月歩の人工知能によって、一時期、開発不可能とまで言われた自動翻訳機が、2020年に実用化されるとの予測があります。もちろん、ごく初歩的なプログラムなので、細やかな感情まで相手に伝えられないとしても、海外旅行に行くくらいなら実用に耐える程度のものはできるはずです。

それは、旅行先や旅行目的の多様化を進めることになるので、行先は何も英語圏の国に限定されることがなくなります。あと10年もしないうちにハワイには誰も行かなくなる可能性があります。そうした社会は、一定の境を乗り越えると突然訪れるものです。

そのときに必要なのは、コンピューターへの優位性ではなく、あなたが旅行先のイスラム圏の国で危険な目に遭わないようにするというようなものだったり、貴重な財産を銀行や証券会社に渡さないような知恵です。

例えば、自動翻訳機のプログラムを搭載したスマートフォンのマイクに向かって、誤解を与える余地がないほど、明確な言葉を選びながら話しかける知恵と能力です。これこそは人工知能の仕事ではなく、あなたの仕事になります。ここに新たな格差が生じてきます。

「一体何を信じていいのか?」と、ネット上からは、多くの人々のボヤキが聞こえてきます。これに関して、特別な場合を除いては情報が多くても少なくても全く影響しない個人や組織が存在しています。

情報が少なければ自分で探すか、自分でつくるかです。自分でつくるより、検索のキーワードをたくさん知っていれば、比較的すぐ探し物が見つかるので、時間を節約するためにそちらを選んでいるだけです。しかし、多くの人たちは情報洪水に流されて、それこそ藁をもつかむ思いでついついガセネタをつかまされています。

だから、まとめサイトや掲示板を重宝するようになります。しかし、この両者ともすでにバイアスがかかっているので、それを利用する瞬間から納得した上でなければ、自分でマインド・コントロールにかかってしまいます。特に掲示板の書き込みには注意しなければいけません。

日本人特有の「赤信号みんなで渡れば怖くない」のような自分の意見を述べているかのごとく錯覚しているだけで、実は迎合していることに気が付かなければいけません。こうしたものは、すべてノイズとして処理すべきです。

まとめサイトや掲示板で楽をする習慣をつけてしまうと、あなたの情報判断能力、情報処理能力、洞察力というのは実は、どんどん退化していくことになります。見識の高さや判断力の正確さは知恵です。

人工知能が人間に取って代われるのは、せいぜい知識のマネジメントまでです。人工知能が一人一人の感情の機微や、心の奥まで読み取ることはできません。知恵とはまた、そのことを言うのです。

一方、シンギュラリティーは2045年という予測があります。シンギュラリティ―とは、人工知能が人間の能力を凌駕する技術的特異点のことです。しかし、シンギュラリティーが訪れても知恵は人工知能にとっては不得手な分野のままで残されます。なぜなら、人の心の微妙な動き読み取ることは、人にはできないからです。それができるのは神だけということです。では、一体何をすればいいのでしょうか?

すでに始まっている知識・知恵の負け組にならないようにすればいいわけです。といっても、1年365日24時間働けばそうなれるというものでもありません。皮肉なことに、努力すればするほど知識・知恵の負け組になっていきます。

どういうことかというと、日本の社会全体が情報判断能力、情報処理能力、洞察力、分析力、クリエイティブな創造力を失っている時代では、まずはそこから脱出しなければ何も始まらないというわけです。

一番簡単な方法は、あなたの眼力を養うことです。これは、正しく、冷静に、静かに努力すればできます。それは、世の中のすべての現象について国家か企業かを峻別する能力を身につけることです。そうすれば、自然に視界が開けてきて近未来が見通せるようになるでしょう。

04.FacebookやTwitterなどのSNSマーケッターを目指す方へ

INDEX

06.20代なのに人生がつまらない人へ。あなたの人生はあなただけのモノ