大阪梅田事業所新規オープンにつき
語学カウンセラー兼内勤営業のオープニングスタッフ募集!
貴方の語学力を是非当社にてご活用下さい!
アトラスについて 採用情報 採用地域
  • 北海道札幌市
  • 東京都 横浜まで通える方
  • 神奈川県横浜市
  • 愛知県名古屋市
  • 大阪府大阪市(急募)
  • 地域外の方は一度ご相談下さい。
    Iターン・Uターンの方歓迎
日本に住む若者(若い友人たち)に伝えたいこと。これから数年で起きること、日本がすべきこと!

 

 02.スクール受付事務・運営スタッフ(語学カウンセラー)を目指す方へ伝えたいこと

よく皆さんがテレビやインターネット、新聞などで耳にすることといえば、「グローバル化」です。日本の大企業が2012年頃から社内英語公用語化を始めました。ある大企業では、新卒採用の基準にTOEIC730点以上を課す企業がいまだに増えているようです。

一方、弊社は語学スクールですから、外国人講師の採用に注力している企業です。世界40カ国以上から各言語のネイティブ講師が集まっていますが、確かに、国内市場の成熟や新興国市場の拡大、そしてグローバル企業との競争激化によりグローバル化そのものは年々進んでいるように感じることができます。

SNSでも海外のどこからの投稿があり、海外旅行や出張している日本人は増え続けています。

しかし、グローバル化というのは、別に海外に旅行に行ったり、進出することだけではありません。2020年のオリンピック開催を控え、外国人の観光客を多く見るようになりました。

最近では、東京だけではなく、地方でも耳慣れない外国語が聞こえ、百貨店から個人経営のお店まで英語だけではなく、中国語、韓国語など数カ国語に対して対応できるような工夫をされています。

このグローバル化の影響により、海外留学のために英語を勉強したり、海外転勤に備えたり、外国人観光客に対応したりするためにと考えて語学を勉強する人は多くいます。

また、グローバル化に関係なく、日本国内に残る産業もあります。突然、自分の会社が海外展開することもあるかもしれません。今後、私生活においても、家族が海外転勤になり、海外に住みようになるかもしれません。

特に、地方の人にとってはグローバル化は今後またとないチャンスになりそうです。すでに地方企業は地元の特産物をブランドとして世界的に食材を輸出していますし、今後もアジアを中心にビジネス取引が活発になっていくと考えられます。そして、四季があるため、日本独特の大自然や雪を見ることができる外国人の憧れのスポットでもあります。

最近では、グローバル化に備えて、英語を話せるようにならなくては、と焦る人もちらほら出てきました。ビジネスのツールとしても間違いなく英語は勉強しておくべきものになりましたが、ただ英語が話せるようではどうでしょう。

海外の人と会話をするときに、まずは自分が住むこの日本の文化や歴史について、熱く語れるかどうかがポイントになってきそうです。

01.起きている変化を意識してみよう

INDEX

03.Webデザイナー、マーケッターを目指す方へ伝えたいこと